JAL スチュワーデス AIKORA以上の再現動画ホズミ編

CAプライベート動画流出

フライト終了後に空港駐車場で合流すと

20時間以上の拘束と時差ボケで目が赤く

長時間のストレスと緊張感から解放されて車の助手席に座ると

気だるげな、甘えた表情になるホズミ

JALに限らずスチュワーデスの制服姿はきりっとした印象を与えるが

そのきりっとした印象と彼女の甘えてた様な表情がまるでAIKORAの様に見えてしまう。

ストレスから解放されて2人きりになったミズホは

JAL スチュワーデスの時のきりっとした姿からは想像も出来ないほど

可愛らしくなってしまう。

たまらなくなり

ジャケットを肩脱ぎにして

ブラウスのボタンをはずしとモワっとした彼女の体臭が広がり

その体臭に包み込まれながら、ブラジャーをずらし

根元から乳房を揉みこむ。

半開きの唇と充血してトロンとした目がなんともいやらしい。

さらには

今回、ミズホは俺の希望で柄物のブラとパンティーを付けてフライトさせた。

そして今

勤務終了後の汗を吸って、湿り気のあるブラジャーとJALのキャビンアテンダントの制服の
アンバランスさが、アイコラの様でますます興奮してきて

そのまま

車内フェラさせる、疲れているのか、じゃっかん歯があたりピリッとするが

そのまま続行、今日はいつもより深くフェラさせてみた。

もう少し慣れれば、イラマチオでガンガンいけそうな感じだ。

ホテルに入ってからは

シャワーも浴びせさせずにJAL スチュワーデスの制服脱がさせずに

イチャツキ始めるのだが

スキがあるとすぐに制服を脱いでシャワーを浴びようとするので
抑え込んでブラウスのボタンとブラをずり上げ

次にタイトスカートをたくし上げて、黒パンストに穴をあけて
騎乗位で挿入させる。

シャワーを浴びさせていないので、愛液とオリモノのヌルッとした感触がたまらない。
長時間の立ち仕事で足腰もクタクタのホズミに追い打ちをかけるように騎乗位で

腰をふらせて、さらに足腰に負担をかけさせて、疲労と快感ふらふらにした状態で

最後は正常位に持って行く。

正常位にもっていく迄に彼女の気力と体力えを奪っておくには理由がある

それは

彼女ことJALスチュワーデスの腋の下をナメ上げるためなのだ

シャワーを浴びずにHする事にもかなり抵抗するホズミだが

それ以上に抵抗するのが腋の下を見られたり、ましてや舐められたりするのが

物凄く恥かしくて、嫌がる彼女。

普通の状態で腋の下を見ようとすると、ガチに激しく抵抗されて

抑え込むだけで精一杯でとても、ゆっくり見たり、舐めたり出来る状態ではない

せいぜい抑え込んでブラウスの上から腋の下に匂いを嗅ぐ程度になってしまうので

だから
正常位までに彼女に気力と体力を消耗させて

さらにダメ押しに

騎乗位と正常位で何度かイカせると

腰が抜けた状態になり

その状態になると

あとは両手を万歳の形にして、二の腕を抑えこむと

さすがに彼女もあきらめて

目をつぶって固まったままじっとしているので

じっくりとJAL スチュワーデスの 腋の下を

見て

嗅いで

味わって

触るり

長時間のフライト後の場合には

少し顔を出し始めた腋毛と皮膚の擦れるシャリシャリした

音も楽しむ事が出来てしまう。

しかし

こういった一つ一つのシーンが
JAL スチュワーデス AIKORA以上の興奮をもたらしてくれる。

次の目標は

彼女は腋の下の毛穴も数も多いので

腋毛を完全に伸ばすとかなりの量のふさふさとした

腋毛になると思うので

何とか腋毛をはやさせたままフライトさせて

まずは汗でしっとりとした腋毛を堪能したあと

リンスとシャンプーで綺麗に洗い、ドライヤーできっちり乾燥させた

つやつやでふさふさの腋毛をいじくりまわしてみたい。

コメント